名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

トップ>小児歯科

小児歯科

小児歯科について

幼児の虫歯について

産まれたばかりの赤ちゃんのお口に、虫歯菌はいません。では一体なぜ・どのようにして虫歯になってしまうのでしょうか。お母さんが一度口をつけた離乳食を子供に子供に食べさせる事がよくあります。この時に、お母さんの歯が虫歯になっていると虫歯菌が子供へ移ってしまいます。乳歯の虫歯は永久歯よりも進行が早いので、小さな子供にとって虫歯治療は負担が大きくなってしまいます。早期発見、お子さんの為にも定期検診をオススメします。

子供の虫歯の特徴

なんといっても進行が早いことです。一概には言えませんが、お子さんによってはとても信じられないようなスピードで虫歯が進行します。特に4〜5歳ぐらいまでは十分に気をつけなくてはなりません。(もちろん虫歯の無い子や虫歯の進行が遅い子もいます。)
musiba.gif
虫歯になりやすい場所
次にあげられる子供の虫歯の特徴としては、虫歯のできやすい場所に年齢差や個人差があることです。(年齢などに対応した虫歯になりやすい場所を知っておくという事は、予防の目線では大切なことです。)
1)
1〜2歳にかけては上の前歯
2)
2〜3歳は奥歯のかみあわせの溝
3)
4歳頃はいちばん奥とその手前の奥歯の接している部分
4)
6歳前後では、生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯といいます)の溝の部分が特に虫歯になりやすいのです。
その際はフッ素による虫歯予防や、シーラント、レーザーによる歯質強化処理が有効です。