名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

トップ>歯周内科

歯周内科

歯周内科とは

歯周内科とは
歯科における二大疾患と呼ばれているのは、「虫歯」と「歯周病」です。歯周病といえば、昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする治療が、どの歯科医院でも実践されている基本的な治療です。
しかしながら、この基本的治療を行なっても、一生懸命歯磨きしてもなかなか歯肉の炎症が取れません。事実、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれて、歯周病で歯を失う方もいらっしゃいます。
現在の
歯周病治療の主流は、外科的な処置です。しかし、それは歯科医師が特殊な技術を持っていて、患者様も歯磨きが上手に出来るという厳しい条件下でないと、ベストな結果は生まれてきません。
多くの歯科医師が知恵を出し合った結果、どのような条件下においても同じ方法で、簡単に良い結果になる方法はないものかと生まれたのが、薬で歯周病を治す歯周内科という新しい治療法です。

歯周内科の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

1、位相差顕微鏡での菌の確認
2、最新の除去薬剤の内服
3、カビの除去薬剤、またはカビとり歯磨き剤での歯磨き
4、除菌後の歯石取り

歯周病リスク検査【バナペリオ】

当院では新たに、「歯周病菌測定機器バナペリオ」を導入しました。バナペリオを利用する事で患者様のお口のプラークから、多くのの歯周病原因菌の存在を痛み無く、かつ迅速に(所要時間は約5分程度)確認可能になりました。
歯周病の直接的な要因とされている3種類のグラム陰性細菌が、実際お口にどの程度存在しているかを迅速に判定します。これによって患者様の歯周病の重症化危険度を診察します。お口の状況がご心配な方でしたら、検査だけでも可能ですのでお気軽にご相談ください。

【バナペリオの特徴】
簡単操作が容易なので、診療室内でどなたでも簡単に測定ができます。

動機付け測定結果は判定膜上の青色の濃淡の色が付きます。歯科医師はおろか患者様ご自身でも検出結果を確認できますのでモチベーションアップに役立ちます。

迅速5分で結果が分かるので、診察中に結果を知る事ができます。

長期保存結果を長期保存する事ができるため、長期的な変化を比較・観察する事が可能になります。

経済的費用がわずかで済みます。


【バナペリオの簡単検査方法】
バナペリオは長細い試験紙で、表面に検体塗布膜と判定膜が帯状に付いています。
photo_03.jpg
次のような手順で歯周病原菌の有無を検査します。

1.歯肉炎下の歯垢(検体)を採取して、検体塗布膜に塗ります。
photo_04.jpg
photo_05.jpg
 
2.検体塗布膜と判定膜が接触するようバナペリオを折り畳み、反応を進行させます。
photo_06.jpg
photo_07.jpg
 
3.歯垢に歯周病原菌が存在すると、判定膜中の発色剤と化学反応を起こして青色になります。
 

4.判定膜上のこの色調変化を肉眼で検知することで、歯周病原菌の有無を判断します。
photo_08.jpg


歯周病リスク検査【バナペリオ】
1回
2,625円