名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院



名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

トップ>審美歯科

ファイバーコアについて

従来は、歯の神経治療が終了したら支台製造といって歯根を補強す

る為の土台に金属をしようしていました。

しかし、金属は歯より硬く折れないので、逆に歯根が折れてしまって

どうしても抜かざるを得ないケースが多くありました。

当医院ではファイバーポストという土台をグラスファイバーで作ることで、

弾性作用によって歯根に負担をかけること無く補強しています。

実際には土台に被せ物が入るので全く見えない部分の治療となりますが、

当院は歯の寿命にとっては最も重要であると考えております。

特に単根歯と呼ばれる根が一本しかない小臼歯や前歯にはお勧めします。
info_img_05.jpg
isomura1.jpg
メタルコアーによる作製
isomura2.jpg
ファイバーコアによる作製
metalkor.jpg
金属コアを使用
fibrekor2.jpg
ファイバーコアを使用
ファイバーコア(FibreCore、ファイバーポスト)は、歯科診療での支台築造(神経を取った歯に対して被せ物をする時に歯を補強する手法)で用いる材料の一つです。太さ約10μmのガラス繊維を束ねて、その間にレジンを重合・含浸させたます。弾性係数が保険診療内で使用される金属製ポストと比べると、象牙質と近似しているので、患者様の歯のたわみによって屈曲しながら応力を分散します。
この働きによって歯への負担を大幅軽減が実現可能になりますが、健康保険のきかない自由診療となります。

特徴
a.. 保険診療で用いる金属製のコアと違って、歯と一緒にたわむので歯根破折をお越しにくく、さらに歯に優しい
b.. オールセラミックと併用する事によって、メタルフリーの治療が可能。さらに金属アレルギーを起こさず、また金属層が無いので透明感があり、より自然な色調の審美的補綴が可能となる
c.. 金属製のコアと違ってイオン流出が無いので歯肉が黒ずむことがない


ファイバーコア1本¥10,000(税別)