名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

名古屋市中区の歯科なら磯村歯科医院

トップBlog>2011年09月

Blog

2011.09.26  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記128 診療時間について

2011/10/4は、中区歯科医師会の全体集会のため、6時までの診療とさせて頂きます。
なお、電話受付は、7時まで行っておりますのよろしくお願いします。

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.17  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記127 使い捨てスリッパ

当院では、殺菌済みのスリッパの他に使い捨てスリッパもご用意させて頂いております。
素足の患者様にご利用しやすいスリッパですので、どうぞご自由にお使い下さい。

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.16  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記126 強い歯にするための食品⑧

鉄分 血液を赤くする成分。不足すると貧血になります。
例えば、かつお、いわし、干そば、どじょう丸干、あわび、あさりがあります。 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.14  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記125 強い歯にするための食品⑦

リン カルシウムと一緒に歯や骨をつくり、タンパク質、脂肪といっしょに脳の神経、脳ずい、細胞核などを作る。 
例えば、いか、精白米、牛(もも肉)があります。 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.13  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記124 強い歯にするための食品⑥

ビタミンD 歯や骨の成長に必要なビタミンです。不足すると、くる病と共に石灰化を起こし、虫歯になりやすくなります。
例えば、さば、さんま、まぐろの脂身、かつおの塩辛、いわし、ます、すずきがあります。

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.12   名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記123 強い歯にするための食品⑤

ビタミンA 不足すると、病気に対する抵抗力がなくなったり、皮膚に張りがなくなります。
例えば、うなぎ、牛・豚の肝臓、あわび、にら、ほうれんそう、小松菜、かぶの葉、三つ葉があります。

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.10  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記122 強い歯にするための食品④

ビタミンB1 不足すると、脚気、不眠、食欲不振、神経炎になります。 
例えば、セロリ、えだ豆、アスパラガスがあります。

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.09  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記121 強い歯にするための食品③

ビタミンB2 不足すると、歯茎から出血したり、血管の緻密性を失います。
例えば、どじょう、牛乳、魚肉ソーセージ、鶏肉、牛・豚の肝臓、そら豆、セロリがあります。 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.08  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記120 強い歯にするための食品②

ビタミンC 不足すると歯茎から出血しやすくなり、壊血症、皮下出血、貧血になります。歯肉炎や歯槽膿漏の原因にもなります。 
例えば、いちご、ピーマン、とうがらし(干)、パセリ、ほうれんそうがあります。 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.07   名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記119強い歯にするための食品①

カルシウム  歯や骨を作るのに重要な成分。細胞の働きを活発にし、神経を和らげたり心臓の働きをよくします。
例えば、桜エビ、カニ、とうふ、いわい丸干、わかめ、ひじき、チーズ、牛乳があります。
 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.06  名古屋、中区の歯医者 磯村歯科日記118 歯の色の成り立ち

歯はよく見ると、先の方は透明度が高く、根元は濃く、不透明になっています。
これは、単純な色ではなく、歯の内部構造によって作られた色です。
すなわち、表面を覆うエナメル質は、くもりガラスのような半透明の色調で、先の方は厚みがあり、根に近い方は、その厚みが薄く作られています。
その内側にある象牙質は、黄色味がかったいわゆる象牙色で、不透明です。
歯の色はこのくもりガラスを通して、したの象牙質の色が外側から透過して見える色なのです。 
このため歯の先は透明度が高く白い歯が見え、根に近い方はガラス(エナメル質)の層が薄いので黄色く見えます。 

投稿者 磯村歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)